ブログトップ

アナ の いちにち

anamartha.exblog.jp

ふわふわ天使。

もう初七日を過ぎました。
早いなぁ。
とてもとてもツラい1週間でした。
アナの存在が見えない事が耐えられなかったけど
初七日を過ぎたあたりから、
少しずつ受け入れることができるようになった気がします。
それでも時々爆発しそうに悲しくなるけど。



腰痛になったとほぼ同時に
アナのふだんの呼吸がほんの少し大きくなった気がしました。
検査してもらうと、肺水腫でした。
利尿剤を使って、尿もたくさん出て
翌日のレントゲンではほぼ改善されていたようですが、
レントゲンを撮る時に、大きな興奮のために
ひどいチアノーゼになりました。
アナはレントゲンがとても苦手なのです。
なのでいつもレントゲン室に一緒に入り
撮影する15秒ほどの間だけ離れるのですが
その15秒の間におかしくなってしまいました。
そのまま、アナは立ち上がれなくなりました。
ゴハンも水も口に出来なくなり寝たきり状態になりました。
利尿剤使用のため、BUNは128まで上昇していました。
先生はチューブで流動食を送り込めば まだ復活できる、と
言ってくださったので、鼻に細いチューブを入れて
流動食を送り込む事にしました。
とてもとても細いチューブで、
少しでも苦しむようなら辞めようと言っていたのですが
思っていたよりもスルッと鼻から体の中に入っていきました。
ゆっくりゆっくり流動食を流し込むのですが、
お腹に入ったあとは、気持ち悪いようで少し苦しそうでした。
3度流動食をしましたが、翌日吐き気が起こり
チューブも吐き気と一緒に 胃から口の中に出てきてしまいました。
私はすぐにチューブを抜き取りました。
その後かなり呼吸が荒くなり始め苦しそうにしています。
ずっと酸素マスクをあて、ずっと側についていました。
病院でいただいた鎮静剤を口に含ませると少し呼吸が楽になり
スヤスヤと眠る事ができるようになりました。
鎮静剤使用してから11時間後、眠っていたアナの呼吸がすこし荒くなり
大きく痙攣し始めました。
数分後、すうっと魂が抜けていきました。


とてもとても簡単に書きました。

2日間の出来事ですが、
急激に容態は悪くなりましたね・・。

先生に、延命はしなくていいから、
少しでも苦しみを取ってほしい、とお願いしました。
最期は鎮静剤のおかげで、大きく苦しまず良かったのでは、と思っています。
そう見えただけで、体の中では大変な事が起こっていたんでしょうが・・・。

アナコさんはよく頑張ってくれました・・・。




f0176139_22404227.jpg


毎日お供えのごはんにはお肉をたっぷり入れています。
お肉大好きだったのに、
少ししか食べさせてもらえなかったものね。
オヤツもたくさん、ね。
今日は小さいプリンもお供えに。
プリン食べたことないけど、絶対好きだと思う。
お花も絶やさないからね。
いつも可愛いお花を飾るからね。

アナコさん、可愛い天使になって
私の回りをいつもフワフワ飛んでいる事を願う。
想像できるな。可愛い可愛い天使、私のアナコさん。。。。。





にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
[PR]
by anamartha | 2013-11-27 00:00 | 日常
<< なつかしいな。 ありがとうございます。 >>